尾洲屋羅紗店|広島・呉のオーダースーツ、洋服のリフォームショップ


by bisyuya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

HARRISONS of EDINBURGH 春夏コレクション-1

トレードマークの “H” の文字と真っ赤な生地バンチが印象的な“HARRISONS of EDINBURGH(ハリソンズ オブ エジンバラ)”は1863年、後のエジンバラ市長 サー・ジョージ・ハリソンによって創設された名門マーチャント(服地卸商)です。

高品質かつ豊富な服地コレクションは、多くの名門テーラー、オーダーサロンで取り扱われ、欧州の王侯貴族をはじめとした世界中のVIPから愛されてきた歴史があります。また実際に縫製に携わるプロフェッショナル達から絶大な信頼を寄せられているのは最上の原毛を用いてしっかりとした打ち込みで織り上げられているハリソンズ服地が、しなやかなでエレガントな風合いを持ちながら、アイロンでクセをつけやすく仕立て映えする特徴を持つからです。


2013年は同社が創立150周年という節目の年を迎えます。豊富なラインナップが揃う生地バンチも時代の空気を反映した新しいコレクションがあり、魅力的なものが揃いますが、“伝統”という変らない価値に軸足を置かれたモノ作りへの自信がブランドの魅力だと感じさせてくれます。


■FRONTIER(フロンティア)
節目の年に待望のリニューアル。
HARRISONS of EDINBURGH 春夏コレクション-1_b0081010_2119115.jpg



スーツの聖地サヴィル・ロウにおいて定番の“合服地”として親しまれてきた“FRONTIER(フロンティア)”のコレクションがリニューアルしました。この服地が持つ抜群のハリとコシによって実現される仕立て上がりの美しさと、優れた回復力は世界中で高い評価を受けてきました。
HARRISONS of EDINBURGH 春夏コレクション-1_b0081010_21191876.jpg

春夏の織り方としては一般的な平織りですが、その重さは300グラムと現代の春夏服地の中では比較的重くドライタッチで着応えがあるというのが私の印象。春から秋と長きに渡ってお勧めできる服地です。
HARRISONS of EDINBURGH 春夏コレクション-1_b0081010_21191958.jpg
HARRISONS of EDINBURGH 春夏コレクション-1_b0081010_21192936.jpg

着こなし次第でドレスアップからカジュアルまで幅広く使いこなせるFRONTIERシリーズなら万能なウール・スラックスとしてもご提案させて頂きます。


HP:www.bisyuya.com|TEL:0823-21-2671|Mail:bishuuya@poplar.ocn.ne.jp|尾洲屋羅紗店
by bisyuya | 2013-03-03 10:25