尾洲屋羅紗店|広島・呉のオーダースーツ、洋服のリフォームショップ


by bisyuya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

びしゅうや らしゃてん

    尾洲屋羅紗店 株式会社  当店の正式名称です。

よく質問されるのは、「なんて読むの?」 「どういう意味?」 

● 尾州(びしゅう)は尾張(おわり)国の別名です。
 愛知県の北西部に位置する尾張西部地域は木曽川の豊かな水と、肥沃な濃尾平野の
 恩恵を受け、古くから繊維産業が発展してきました。
 現在でもわが国の毛織物生産の約70%を占め、世界でも有数の繊維産地です。
 当店は1938年創業時、尾洲の生地メーカーさんとの直接取引き、
 深いつながりを誇りに、屋号に尾州の名を刻み込みました。

● 羅紗(らしゃ)はポルトガル語のraxaが転じた語で、近世の初頭にポルトガル船が
 持ち帰ったraxa(ラクサ)をラシャと呼んだ事が始まりとされています。
 羊毛を使った生地で地が非常に厚かったようです。
 その頃、スーツを作るには最適の布地だったようですね。
 当店が羅紗店と名乗るのは、スーツを作るのに適した生地を 春夏秋冬 取り揃え、
 お客様に提案していくというスタイルの表れです。

              ↓ ビンテージ物といわれる 半世紀前ほどの生地
               john cooper ,barclays ,beckside mills ,fintex,,,
びしゅうや らしゃてん_b0081010_19302567.jpg


         ↑ 当店にあるデッドストックの一部です。羊の油の抜けたバシバシ感、厚み、
            打ち込み、生地の柄すごいですね。
 
     ☆2006年 秋冬に向けて尾洲屋は英国的な生地の仕入れを強化しています。 
       ご期待ください!
  
by bisyuya | 2006-06-23 20:02 | ◆お気に入り