尾洲屋羅紗店|広島・呉のオーダースーツ、洋服のリフォームショップ


by bisyuya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2012年 03月 14日 ( 1 )

トルソーに服地をかけてみてジャケットの出来上がりをイメージ。
b0081010_13523731.jpg

春夏向けのこの服地はドーメル社の「NATURALS」よりセレクト。リネン、コットン、ウール、モヘアで織り上げられた四者混。リネン、コットンによる爽やかなタッチとウールによる安定感が加わり絶妙のバランス感、そしてこれだけ色々な糸を一枚の生地として織り上げたこの独特の風合いが特徴です。
b0081010_13524623.jpg

b0081010_13525952.jpg

b0081010_13531033.jpg


デザインはサファリジャケットをオリジナルにアレンジしています。
本来であれば肩にエポーレット(肩章)、ウエストベルトなどを有しますが、着るシチュエーションを考えた街着仕様のジャケットとしてデザインは決定。あくまでスタイリッシュなジャケットをベースにしているのでカジュアル感は押さえ気味ですね。さらにパッチポケット、ヒダ付きのプリーツポケットで機能性も確保。実用性も大事、出来上がりのムードも大事!ですね。

<サファリジャケット>
元々はイギリス式狩猟服のノーフォークジャケットに対してアメリカ式狩猟服として紹介されたもの。サファリとはアフリカ大陸を野生鑑賞や狩猟する旅行を意味しその際に着るジャケット、サファリジャケットとして出自、原型となったデザインは現在カジュアルウェアで有名な”アバクロンビー&フィッチ”(当時はアウトドアブランド専門)によるモノ(1920年代)です。サファリジャケットは小説家のヘミングウェイが愛用していた事でも有名ですね。1960年代にはその機能美やスタイルがファッションとして取り入れられサファリルックなどとして広く一般に着られるようになります。


HP:www.bisyuya.com|TEL:0823-21-2671|Mail:bishuuya@poplar.ocn.ne.jp|尾洲屋羅紗店
by bisyuya | 2012-03-14 00:00 | ◆お仕立 men's&ladies