尾洲屋羅紗店|広島・呉のオーダースーツ、洋服のリフォームショップ


by bisyuya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2006年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ファッションショー

2006.9.23 (sat) 広島市平和大通りに面する「広島ルーテル教会」にて
RUBYさんの3周年記念ファッションショーが行われます。
当店も裏方としてサポートさせていただく予定。興味のある方は是非是非!
b0081010_20204876.jpg

 
      「Ruby de vavite vous」

     date:9.23(sat) open 19:00  start 20:00
     adv 2000(1drink) ,day 2500(1drink)
 
      <チケット取り扱い店>
     Ruby       082-541-4648
     cafeネコバコ  082-292-7910
     喫茶店888   082-244-7782  

ゲストに広島在住のジャズユニット「achordion」を迎え、教会という非日常の空間の中で、
音楽+ファッション の世界をじっくり体感していただけるイベントにしようと思っています。
                  
                                   by ルビーデザイナー 久良友美


 
by bisyuya | 2006-08-29 20:22

シャツ生地入荷!

シャツ生地を 約50点 入荷しました。今回はほとんどがポリエステルとの混紡生地です。

紳士ならば100%天然素材で身をかためたいところですが(笑)、
メンテナンスが不得意な方、奥様のアイロンがけの負担を軽減されたい方、、
いらっしゃるんです。
b0081010_18395823.jpg

ポリ混は洗濯後アイロンがけが楽、耐久性が綿100%より勝るといった長所をもっています。
あっ それと価格が割り安ですね。

オーダーシャツは簡単なようで奥が深く、
世界にはシャツ専門の老舗店、シャツ職人が日々切磋琢磨しています。

「いきなりオーダースーツは怖いな、、」 等々
お近くの仕立て屋さんへ行こうか、どうしようか悩んでいるという方、
そちらで一枚オーダーシャツを注文されてみる事をおすすめします。
by bisyuya | 2006-08-25 18:42 | ◆商品紹介

こちら現在製作中、 REGGIUNO社の麻100%素材を使ったシャツジャケットです。

「REGGIUNO」
イタリア北部のコモに近いバレーゼに本社をかまえる1908年創業の伝統ある
シャツ生地メーカーで、そのシャツ生地に特化した製品作りは
ドルチェ&ガッバーナ等 高級メゾンから支持を得ています。

写真は 型紙補正後のカッティング直後、 AH(袖まわり)の三つ巻躾中 です。
実は、麻は非常に職人泣かせの素材なんです。
上、下、横、斜めと動き回り神経を使います。   → 豆腐に彫刻する感じ(笑)
シールのような接着芯で最初に固定しておけば楽なんですが
素材本来の魅力を引き出すには副素材をあまり使わないほうがベターでしょう。

b0081010_03145.jpg
b0081010_033442.jpg













「麻の豆知識」
人類が作った初めての織物は紀元前5000年古代エジプト時代の麻布だと言われています。
(あのミイラに巻き付けてある布も麻だそうです(驚)
麻とは長くて強い繊維がとれる植物の総称のようなもので、種類は20種以上あるようです。
この中でも衣料用として多く用いられるのが東洋系「ラミー」と西洋系「リネン」です。

両者共通していわゆる麻の特徴をもっており、ざっくりと概要を、、

麻は天然繊維のなかでもっとも強力で、水に濡れるとよりその強度を増します。
繊維を織物にした際には、吸水、放湿、通気性に優れており清涼感があります。
短所としては、シワが出来やすい、比較的重い、といったところでしょうか。

長所短所の差が激しい素材、麻。
しかし、麻にしかない雰囲気は現在も人々を魅了します。

麻は人により好きずきが分かれる素材の一つだとおもいますが、
食わず嫌いの方、是非思い浮かべてください。

夕暮れの海に近いレストラン、白いシャツの下にゆったりとしたカラフルな麻のパンツ
オープンテラスでビールを飲む男の足元を吹き抜ける風がクタクタになったシワを
揺らしている。

良くないですか?(笑)
by bisyuya | 2006-08-23 00:02 | ◆お仕立 men's&ladies
組み合わせるという意味のコンビネーションから
通称「コンビ」と言われるこちらの靴。
歴史的にみると、現在のスタンダードとなっているクルブシまでのシューズが
大衆の中に見受けられるようになってからすでにコンビのシューズはよく登場しています。
若者のストリートファッションや、大人のジャズシーンでもよく見かけますよね。

今回、オシャレ美容師Kさんのコンビシューズの打ち合わせを喧々諤々した際、
どうしても私個人的に欲しくなり、「店用サンプル」として作りました。
(あくまでもサンプルです(笑)
b0081010_1785497.jpg

シングルモンクストラップのデザインにややポッテリしたアメリカンな木型を使用しました。
甲の部分にベージュのスエード、外周りはチェスナッツのオイルドレザー、
(この組み合わせ方、実は非常に合理的なんですよ)
ウエルトステッチに白糸、ソールレザーまわりは赤茶の配色を施して、、、
こだわり満載、大満足となりました。

これもKさんのおかげです、ありがとうございました。
(最終的にコンビの配色が「カブリ」気味になってすいません(笑)
P.S 緑のカーフレザーを使ったコンビは難しいですね、保留です。
by bisyuya | 2006-08-21 17:10 | ◆オーダーシューズ

光陰矢のごとし。

休暇というものはどうしてこんなに早く過ぎていくのでしょう(泣、笑)

尾洲屋はお盆休みを終え、8月17日より開店しております。
皆様は良いお盆休みを過ごされましたか?
(ひょっとしてまだ休暇中の方がいらっしゃいます?羨ましい(笑)

何はともあれ リフレッシュを完了し「実りの秋」を迎えましょう!!

b0081010_15373891.jpg

2006.9.10まで「インポートシャツ生地祭り」を開催しております。
(testa,canclini,monti,,,)
お届けは 9月30日となりますのでご了承くださいませ。
価格は 100双、140双共に通常より約20%off。お求めやすくなっております。

そして

「2006秋・冬」に向け尾洲屋は最後の詰めに入っております。
   
 9月8日より 尾洲屋羅紗店に大期待ください!!
by bisyuya | 2006-08-18 16:05 | ◆商品紹介

お盆休み

 尾洲屋羅紗店は 8月14 ~ 8月16 の間 お盆休み をいただきます。
 お急ぎの方はご予約、ご連絡くださいね。

イタリアでは7月末より 約一ヶ月間の夏休みに入ります。
大体の家族は遠くの海や別荘に行き、読書、昼寝などをしながらゆっくりと過ごすようです。
イタリア人は5月くらいから楽しみでソワソワ。旅行代理店でプランを組んだり、、
終わった9月からはリフレッシュして、来年の夏休みにむけてまた仕事に勉強に、、

いいですねー スローライフ。
「豊かな人生」とはなんぞや?と問いかけます。
日本では一ヶ月休んでると、なんか悪い事をしている気分になるのはナゼでしょう(泣)?
いっそのこと法律に強制的休み組み込んだらどうですかね(笑)
b0081010_16102831.jpg

 [2006年秋/冬 新作生地、尾洲屋NO.1コート,,]
 今年度秋冬に向け、9月より尾洲屋は充実した仕入れ内容を完成しております。
 大期待でお待ちください!!
by bisyuya | 2006-08-11 16:33

先に紹介させていただいた 「zenia silkskin」 のジャケットついに完成!


相変わらずの写真の腕前にトホホですいません、現物は大人のシルバーといった感じに高級な光りを放っています。
白シャツの上に羽織り、スカーフ、レザーシューズでパーティーの助演男優賞まちがいナシな感じ といったところです。
ダブルフェイスの一枚仕立ては 昨今の冷暖房の効いた空調のもと、ほぼ一年中を通して
着られるキラーアイテムとなりました。
b0081010_18205979.jpg

大手出版社にお勤めの池浦敏郎さん。今回は顔出しNGでお客様紹介に出て頂きました。
当店とは古くからお付き合いいただいております。 
 いつもありがとうございます!
池浦さんはサッカー、写真、美術と多趣味で英国を愛され、頻繁に旅行に行かれています。
 しかし
今回は私の提案に乗って頂き、ナポリスタイルをベースにした渾身のカッティング、仕立て でお答えしました。
(紳士の世界はミリ単位)
細かい事は置いといて、素直に格好良かったですね!私も嬉しくなりました。

そういえば今回のワールドカップではイングランド×イタリアはありませんでしたね。
洋服は是非国境を越えてダブルスタンダードでお願いします。(笑)
by bisyuya | 2006-08-08 18:24 | ◆お仕立 men's&ladies

リアリティ

「ALWAYS 三町目の夕日」 見ました
見終わった感想としては、ストーリー、テンポ、演技、、
よくまとまっていて面白かったですね。久々に癒されました。

が、しかし

ここから仕立て屋ならではの意見を少々。

冒頭のあたり、俳優の堤さんが駅に迎えにいくシーン。非常に感動しました。
彼が着ていたシングルのスーツあれは正に、

イギリス式仕立ての影響を十二分に受けて出来た「日本式日本仕立て」の洋服でした。
あれこそがジャパニーズテーラーの仕事です。
「おー いいなー」
と、忠実な再現に感動したのも束の間、、

三浦さん扮するお医者さんが出てきた瞬間 「ガクーン、」
ハイカラで格好は良いのですが、
あのベージュのスーツは現在において良しとされているイタリアの影響を
色濃く受けた2000年代のスタイル、仕立てなんです。
あの時代の文献、スーツの歴史的背景をかんがみてもありえません。
「一人バック トウ ザ フューチャー」です。

(関係者の方々、言い過ぎてたらごめんなさい(汗)
職業病ですね、その点は正直少しさめてしまいました。

私が思うに、映画しかり小説しかり素晴らしい作品には共通して、
リアリティ(現実味)があります。それはSF、CGなど架空の世界であっても、
「あれっ動きがギコチないな」 
「うわー合成すごいなー」
なんて感じた瞬間、映画の世界から心が出てしまいます。

その世界に放心状態で引き込まれた時、心のインパクトは絶大です。

(すいません長々と熱くなってしまいました(苦笑)

衣装の点においては、ハリウッドの大金を注ぎ込まれた映画はさすがですね。
「タイタニック」「ギャング オブ ニューヨーク」など
仕立て屋でなければわからないような作りまで、忠実に再現されています。
まさに「生唾もの」で非常に参考になります。
(1920年代以降のギャング映画はまだ再現が簡単なのですが、1850年以前の
 衣装は現代と革新的に違うんです。 詳しくはまた、、)
b0081010_16233535.jpg

こちらなんとなく後ろに並べてみました。
左 「カサブランカ」色あせない名作ですよね。トレンチコートの着こなしが激熱!
中 「ブルースブラザース」 ブラックスーツの着崩し方で自己表現していますね。クール!
右 「トーマス クラウン アフェア」この映画の主人公は世の男性の理想NO.1でしょう。
 
 私が広島に帰って来なければ働く予定だったミラノの仕立て屋「カンパーニャ」が
 二秒くらい(笑)友情出演しています。私生活では主人公ピアーズブロスナンの
 専属仕立て屋で、 ジャックニコルソンなどハリウッドスターの顧客が
 世界で一番多い仕立て屋でしょう。
 彼の工房で一日働いた時、ナポリの師匠パニコさんと共に働き過ごした後だったので
 直接しゃべってもまったく緊張しなかった事を思い出します(笑)
by bisyuya | 2006-08-05 16:30 | ◆お気に入り

大手術

こちら「お直し」が完了する寸前のパンツです。

既製品の感覚でいうと MからSへサイズダウンするくらいの大手術でした。
実は「お直し」って最初にホドク(解体する)のが大変なんです。
時間的には一時間以上ほどき続けていることもザラにあります。

そして、大幅なシルエット変更の場合にはただ寸法を合わせるだけでなく、
カーブを変えたり、ほどけない部分をうまく避けたり、、
スーツの場合は特に大変で、町にあるお直しチェーン店さんの直しでは満足を
覚えなかったお客様もいらっしゃるんではないですか?

例えばウエストが太った場合、大体後ろベルトの部分を出して距離を合わせますよね、

しかし!

大きくなったのは前の腹の部分なんです。
つまり後ろで簡単に距離をあわせるか、ちゃんと前で出すか、、
もうおわかりですよね?
寸法を合わせたからといっても問題が解決してない場合があるのです。
b0081010_148217.jpg

既製品の縫い代は大体一センチで切ってありますが、仕立て屋の洋服は後々の事を考え
いたるところに縫い代が多くつけられ 縫い込まれています。

そいえば修行時代、出来上がって日に焼けていたパンツをすべてバラし
裏表逆にして一から縫う注文がありました。
新しく注文したほうが早くて、安くついたのは言うまでもありません。
(よっぽど思い入れがあったんですかね?笑)
by bisyuya | 2006-08-03 01:51 | ◆お仕立 men's&ladies

掘り出し物

こちらダンヒル社の生地(カシミヤ35%×モヘア65%)です。
夏といえばウール×モヘアですが、これほんとにすごいんです、
カシミアを35%ブレンドすることによりモヘアの特徴「ハリ、光沢」を残しつつ
カシミアの極細繊維がトゲトゲしさを柔らかく包み込み贅沢な光沢へと昇華させています。

「マンマミーア!格好いい!」 笑

当店は基本的に生地織り会社の商品しか扱わない方針ですが、長い歴史の中で、
ライセンス物でもこういった掘り出し物は買い付けているんです。

こちらNさんの一目惚れによりもうすぐ嫁いでいきます(泣、喜)

Nさんの求められるシルエット、機能性、体型の特徴を噛み砕き消化した後、
「エイヤッ!」と絵を描くように曲線部はフリーハンド。型紙作成、カット、躾
b0081010_223694.jpg

今日仮縫いをさせていただきました。 Nさん手前ミソながら完璧でしたよね?(嬉)
ここから手縫いで色気溢れる服にします。

恥ずかしながら昨日、今日とバタバタしてお客様紹介の話、着用時写真撮影を
ポッカリ忘れちゃっています。
完成時こそ是非お客様紹介に出てくださいね。
by bisyuya | 2006-08-01 02:18 | ◆お仕立 men's&ladies