尾洲屋羅紗店|広島・呉のオーダースーツ、洋服のリフォームショップ


by bisyuya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

こちら最近人気急上昇のオーダーバッグ。
(スイマセン画像ぶれっちゃってます、
 すでにオーナーのもとへ旅立ち、撮り直し出来ませんでした(泣)

気に入った革を選び、大きさ、形、デザイン、内部のポケットを一から作ります。
正直に申しまして、フランス某メゾンのような一針一針手縫いという訳にはいきませんが
、仲の良い京都の職人さんがコツコツと愛情をもって縫ってくれています。

「もうちょっとこのカバンのここがな~」
 と思われた経験のある方、 
写真や絵をお持ちいただければ楽しい可愛いバッグができますよ♪

b0081010_2117710.jpg

Aさんのカバンはすでにあるデザインの色違い。赤のカーフ使用。
b0081010_21172411.jpg

Mさんのキャリアウーマンのお仕事内容+お洒落心にヒット!
こちら中の作りが凄かったんです!(ごめんなさい画像なしです(汗)
愛用の手帳、携帯、眼鏡、、等々がスッポリ入る内ポケットが内蔵されていたんですよー

*本格的に秋冬シーズンに入り尾洲屋も週末は大変混雑しております。
 いつもありがとうございます、そしてご迷惑をおかけして申し訳ありません。

 当店はお客様にごゆっくり満足のある買い物をしていただく事を心から願っております。
 ご予約システムがございますので
  (平日の19:00以降もご予約に限り対応させて頂いております。
   週末に関しましても、何時くらいという事をおっしゃっていただければ、
   しっかりとお時間を空けさせていただきます。)

 よりお客様に満足していただく為、お越しの前には恐縮ですが ご一報 くださいね。
 何卒宜しくお願い致します。 → 0823-21-2671
by bisyuya | 2006-10-29 21:42 | ◆商品紹介

Ermenegildo Zegna

このところ一般の消費者の方からも名指しで指名されるようになってきた

 「エルメネジルド ゼニア」

イタリアでも屈指の高級スーツブランドというイメージが強いゼニアですが、
そのスタートは1910年 生地メーカーとしてのもので 現在でも世界中のメゾンに上質生地を供給し続けております。 
素材の開発力では文句なく世界NO.1といってよいでしょう。
(写真は2006年6月8日のbisyuya news をどうぞ!)

芸能関係の方、弁護士の方などが積極的にゼニアのプレタスーツを着られるようになり、
ブランドの認知度はぐんぐん上がっていますが、
 出来た料理より、注文料理。
見せ場はやはり素材の段階での吟味でしょう、 そこで

ゼニアのラインナップについて少々、、

ゼニアは車の世界にたとえていうならば、トヨタ、フェラーリのような会社の名前です。
故に数々の特徴を持った生地種があります。
全てが上質の天然素材を使用していることを前提にして、スーツ代表ラインを順にあげますと
(すこし噛み砕いた表現で、、)

「ELECTA」
→質実剛健な頼れる存在
「TRAVELLER」 
→世界をまたにかけるビジネスンの為に作られた
 色気、回復力(機能)、耐久性の三拍子揃ったニクイ奴
「SOLTEX」 「HIGH PERFORMANCE」
→ウール100%とは思えないシャリ感、軽やかなタッチは 爽やかなあなたへ
「TROFEO」
→ゼニア不動の四番バッター。
 その品質は素人目にも見て、触れて はっきり判る高品質生地です。
「15MILMIL15」
→カシミアを超えたウール。10着目のワードローブへ

この他 ジャケットのため、コートのため、パンツのため 様々なTPOに対応した
ラインが存在します。
「SHETLAIR」「CASHCO」「MOHAIR TROPHY」「TZ LINEN」
「MICRONSPHERE」「VICUNA-CASHMERE」、、、

*もう一歩踏み込んだ情報が気になる方は素材を触りながらご説明しますので
尾洲屋へおいでませ、、 前述しましたが今回の MENSCLUB11月号は
中とじ付録にちょい詳しく取り上げられておりますね。
 それと! 
ゼニアショップ以外のお店に並ぶ既製品の中にゼニアのタグがついた物がありますが、
「青色タグ」は大量生産向けの生地、
「えんじ色タグ」はオーダーのために開発された生地です。
 要CHECK!

この写真は めでたくNさんへ嫁いで行く事が決まった
「TROFEO-CASHMERE 90+10」 です。
b0081010_075515.jpg

Nさんとの会話のなかで非常にうなずいた部分があります。

「最初にまとまったお支払いが要求されるので高く感じるが、最低五年以上着る事を考えたら
日割りにすると どれだけスーツはがんばってるか?」

「クレジットカード10分割もありますよ(爆笑)」

ここまでの会話はよくあります。しかしここからがフムフムうなずきポイントです。

「実際、 一番有益だと感じるのは、日割りお支払いの発想の逆に
その一回一回が顔、一日一日が独立した一日なので、
良い物のほうが得だから買うんですよ」

「ん!?得?」

「要は時計や、車と同じで、、、」

「なるほど!!」

あたりまえの事のようですが、こうはっきり考えた事がなかったので妙に納得しました。
洋服に限らず、飛ぶように過ぎていく毎日の中で、
充実した一日を足していった結果が毎日という発想でいたいものですね。
by bisyuya | 2006-10-24 21:45 | ◆商品紹介

2006 A/W ニュース速報!

こちら尾洲屋英国コネクションよりカフリンクス到着!!

ダブルカフスの袖口に欠かせない、チラ見せお洒落の必需品「カフリンクス」

宝飾的な物は避け、可愛い格好いいものをセレクトしてあります。
好評だったボタン型、電球型は再入荷しましたよー♪
                                             各¥3800(税込)
b0081010_22102321.jpg

 ●カフリンクスについて少々
ドレスシャツの袖口を留める飾りボタンで、主に各種の貴金属、宝石類で作られます。
現在に近い形の登場、カフリンクスと呼ばれるようになったのは17世紀末となり、
一般化したのは1840年くらいといわれております。

(1800年代はヨーロッパを中心に貴族と庶民の格差が無くなってきたようで、
 洋服の世界でも燕尾服、モーニングを押しのけ、現在のスーツの原型である
 サックスーツが一世を風靡しております。
 世界が身分、地位に左右されない社会になってきた事を背景にして、
 一般の方が自由にファッションで自己表現を出来るようになったということでしょうか、)

 いずれにせよ、
細かい規則のある紳士の身だしなみの中でお手軽に楽しめるポイントが「カフリンクス」ですね。
by bisyuya | 2006-10-20 23:22 | ◆商品紹介

2006 A/W ニュース速報!

当店は生地卸を発祥とする洋服の仕立て屋です。
(魚卸さん発祥のお寿司屋さん あれですね)

しかしながら海外、国内の尾洲屋コネクションより「優れた既製品」に出会う事があります。

スーツなどの洋服は直接お客様とお会いして作ることを当店の企業理念としておりますので、
インターネット上でお売りすることはありません!
 
「優れた既製品」に関しましてはこの度、onlineshop にて販売させていただく事となりました。

こちら日本ではまだまだ認知度の低い
イタリア「チェザーレガッティ」のカシミア100%ストール登場です!

詳しくは トップページのオンラインショップにて説明をさせていただいておりますが、
当店尾洲屋へもお気軽にどうぞ!
b0081010_0153795.jpg

by bisyuya | 2006-10-16 00:24 | ◆商品紹介

お客様紹介です。

広島県呉市仁方にある 醸造元「きぢ醤油」さんで日々プロの職人として
切磋琢磨されている 今井英明さんです。

今井さんは24才でありながら自信の考えをしっかりお持ちで、プロの職人としても、
物(洋服を含む)に対しても、 他に流されない自己のアイデンティティーを磨き続けられているようです。 
成長する為には、投資(お金)、経験(失敗)がつきものですが、
10年後、今井さんがどんな製品を作り、どんな紳士になられているかは非常に楽しみです♪

きぢ醤油さんの商品に関しましては、HP製作中ということなので
→          広島県呉市仁方町1-2-51
       TEL 0823795026 FAX 0823796787  へどうぞ。 

 「美味求真」きぢ醤油HPは2006年11月内に登場予定~
b0081010_14275168.jpg

藻塩を使った「古傳」、塩分控えめで製造の難しい二段仕込み「貴醸」
さっそくいただきました。 今井さんいつもありがとうございます! 
それぞれ独特な深い味わいがあり
「へ~ 、うまいなぁ、ちがうなぁ」 といった感じです。
(抽象的ですいません(笑) みなさま 是非ご自分で味わってみたくださいね
以前、かの有名な漫画「美味しんぼ」や「どっちの料理ショー にも取り上げられたそうですよ。)

b0081010_14425160.jpg

こちら向かって左にありますは、今回のお客様紹介の中で尾洲屋が提供させて
いただきました
 「黒キップカーフ使用、ストレートチップ、チゼルトゥ」 のシューズです。
黒キップカーフはクリームを塗りながら育てていけばいい味わいに育ちますよー
ストレートチップのデザインは冠婚祭の場において礼節に欠けません。
チゼルトゥのロングノーズは英国の靴職人ジョージクレバリーさんが得意とする
「のみ」状(彫刻などに使う道具)のフォルムです。
b0081010_14523493.jpg

他のお客様が作られた黒のシューズ(エンボス加工黒カーフ使用)と並べてみました
インソール(内側)の皮、ネーム有り無し、ソールの形状などこだわりポイントは色々ありますが
細かい事はおいといて、、
同じ黒のシューズでも、こんなに魅力の出し方があるんですよ♪
by bisyuya | 2006-10-13 15:07 | ◆お仕立 men's&ladies

2006 A/W ニュース速報!

みなさま連休はしっかり秋を満喫されましたか?
(今、連休なんて短すぎてもっと休みたいと思われたあなた! 私どもは年を通じて
 連休はほとんどありません。 どうかご勘弁を、(泣、笑)

いよいよ! 肌寒さが感じられてきた今日この頃、
こちら 2006A/W E.zegnia 新作コレクションより
 [trofeo-cashmere] 登場です。
従来のゼニアの看板ライン「trofeo」にカシミアを10%ブレンドする事により
肌触りの良さ、柔らかさを格段にアップ、 英国調フランネルの柄粋で
 クラシックエレガント な極上素材となっております。

英国調「TROFEO-CASHMERE」 を「イタリア仕立て」でスタイリッシュに仕立てたら、
あとは秋に彩られた街を颯爽とあるくべし です。
b0081010_1534533.jpg

こちら現在書店に並んでおります 「MEN’S CLUB」 11月号 より。
左端に見きれておりますは、ジャケットへコートへと 当店が押しております「SHETLAIR」。
(ちなみにメンズクラブ現編集長の小暮さんは非常に楽しくて温和な方で、服知識のプロ。
 お話をしていても非常におもしろいんです。洋服そのもの以外の事、
 洋服雑誌業界の話はビジネスゆえの「ジレンマ」や「やりがい」についても熱く語られました。
 世界は色々な素晴らしい人々、仕事でなりたってるんですよね。、ネガティブな事柄も
 ちょこちょことは起こってしまうんですが、、 
 日々 真剣に前向きに!!と己にハッパをかける日々です。)
すいません(汗)ずいぶん脱線してしまいましたが、最後にフランネルについて少々。
[ フランネル ]
16世紀初頭にイギリス ウエールズ地方に端を発したといわれる毛織物で、
紡毛糸を平織りないし彩織りにして軽く縮絨、起毛を施した毛織物の総称とされています。
ウーステッド糸を使ったフランネルは丈夫で肌触りもなめらかです。
 
ライトグレーの霜降り調になった生地で作られたパンツは愛好者も多く、
どんなスタイルにもはまりますよね。
今 コーディネイトを頭に思い浮かべられた方もいるのでは♪)
by bisyuya | 2006-10-10 16:11 | ◆商品紹介

お客様紹介です。

広島県呉市三条で 「お家に関する事なら何でもどうぞ」のお仕事をされている
 土肥智樹さんです。
尾洲屋の床をリフォームしていただいた事もあります。
お仕事の内容につきましては www.docraft.jp にてどうぞ、、

当店 土肥さんには先代より良いお付き合いをいただき感謝しております。
現社長 土肥智樹さんは非常に好奇心旺盛でアグレッシブ。
車、音楽、美術などに造詣が深く、いつも熱いトークを聞かさせていただいております。

洋服に関してもしっかりと自身の考えをお持ちで、注文の際にはそこを基本に
当店にはそれ以上のサプライズを期待されております。(がんばらなければ!)

「うん いいよ」との一言をいただいた時が嬉しいゴールであり、更なるスタートです!
b0081010_20165711.jpg

「機能重視+感性」が今回のテーマ。
強度の高いスペイン産 「ウール+ポリエステル」ライトグレー生地を使用。
(通気性はあり、外仕事の傷みにも強い、そして爽やか♪)
ジャケット、パンツ単体でも着こなせるデザイン、シルエット。
(腕の動きを妨げない肩の作り、軽やかな内部構築など機能性は私共裏方におまかせあれ)
裏地、ボタン、襟の形などは土肥さんの感性あふれる選択で決まりました、
仕事先では服自体が名刺代わりでしょう!
by bisyuya | 2006-10-04 20:25 | ◆お仕立 men's&ladies

2006 A/W ニュース速報!

尾洲屋イタリアコネクション(直接発注)より飛び込んでまいりました。
「tutto a mano」 (伊語で手作りの意) ポケットチーフです。

ハンドメイドの味と へヴィオンスのシルク素材
チーフ自体が主張しない色、柄をセレクトしました。

ノータイスタイルの胸ポケットにざっくり差し込んで、モテ度UP↑(笑)
b0081010_15533627.jpg

  ¥ 2,100 (税込)
尾洲屋は価格対品質(コストパフォーマンス)世界NO.1を目指しています。
by bisyuya | 2006-10-01 16:08 | ◆商品紹介