尾洲屋羅紗店|広島・呉のオーダースーツ、洋服のリフォームショップ


by bisyuya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

..こもごも

このところ呉の空模様は晴れ間があると思ったら

急に曇もりだして雨、止んではまた降り出して、、んんー

寒いです。

ブログを担当させて頂いています佐川は、呉の冬は今回が初めてなわけで、

「呉は雨、雪の少ない地区だから~」と聞いていたので

すっかり油断して自宅でも、冬支度が遅れ寒い思いをしました。

しかししかし、そんな寒い冬に食べたくなる物と言えば...

広島のカキです!! 

先日、生カキを食べたのですがこれが美味しいのなんの

酢カキ(生カキに醤油、酢、おろし)でツルっと頂き、感動の美味しさでした。

カキは3月くらいまで獲れるようですよ。

ブログをご覧の県外の皆さんいらっしゃいましたら 「カキを食べにきんさい(^ー^)/」
b0081010_15152885.jpg

雨が降ったおかげで、図書館、市役所がある蔵本通りのイチョウの葉がだいぶ落ちてしまいました。残念
b0081010_1516252.jpg

鮮やかに色づく黄色い木々はとても目を楽しませてくれました。
by bisyuya | 2008-11-29 15:29 | ◆お気に入り

お客様ご紹介です

受注時にもブログ内でご紹介させて頂いてました、(因みに前回記事はこちら

I様のコートが仕立て上がりましたのでご紹介させて頂きます。

撮影のご協力いつも有難う御座います。
b0081010_16234454.jpg

b0081010_16242344.jpg

デザイン、生地選びからはっきりとしたイメージをお持ちで来店されましたので、

私共の仕事はそれをより良く形にすることでした。

着て頂いた際、「良いですね!」の一言が何より嬉しく思いました。

ポーターハーディングの強靭な生地はちょっとや、そっとじゃへこたれませんよ!

職場が東広島になったという事で、冬の寒さを大変気にされていましたI様

コートの活躍の程はいかがでしょうか?
by bisyuya | 2008-11-20 16:00 | ◆お仕立 men's&ladies

お客様写真とコメント

今回はいつも尾洲屋をご愛顧頂いてますA様にお仕立したスーツのコメントを
ブログ用に頂きました。
とってもありがたいお言葉!!A様そのまま載せて頂きましたよ(^ー^)v

↓(以下A様からのコメント)
『テーラード服ファンのみなさま、もう立冬を過ぎましたが今季はお好みの生地との
「新しい出会い」があったでしょうか?

僕は長い間近くにありながら気にはなっていたのだけど
なんとなく手を出せなかった生地を今回選びました。写真のスーツがその完成品です。

いつもお店で雑談しているとき僕は落ち着きがないのか目だけは
キョロキョロと回りの生地を見回しています(みなさんもそうでしたか?やはり)。
そして座っている位置から決まった場所にそれとなく気になる生地の一群が鎮座していて、
そちらにはしょっちゅう目が行ってしまいます。

まるで
「なんでうちの選ばんのん。アンティ・プリマ(ゼニアの最新見本帳)なんかみんでええけん」
と呉弁でささやく誘惑に引き寄せられるかのように。

これまで食指が動かなかったのはすぐに売れそうなのに売れなかったからかもしれません。
今回思い切って”声をかけて”僕のところへ来てもらえることになり、結果大満足しています。

生地はゼニアのTRECAPIという3本の糸を撚り合わせて重量感を出したというシリーズのもので
ごわごわで、でこぼこ目の詰まった表面は艶のあるイタリア生地とはかけ離れているので
古い時代の生地の復刻かと思ったほどです。柄は白のチョーク・ストライプです。
グレイにチョークなんて言うと普通っぽく聞こえるのですが、
この3本撚りのおかげで織りになんともいえない陰影を生み格調高く見えます。

こちらの仕立てのおかげか見かけほど重くなく、冬スーツでも軽いくらいです。
ラペルは細めに2つボタンで位置はこれまでより高く着丈も短くしてもらいました。

この柄と雰囲気ならヴェストを足せば気分はウィンストン・チャーチル。

いよいよフィット感も増し、”最新作が最高傑作”は今回も達成されました。
 TRECAPIはお店にまだあるか分かりませんが一度じかにふれてみる価値は十分にありますよ。

テーラード服はファッション紙が毎年しかける流行の柄、生地、ブランドとは無縁のものなので、
新しい生地にこだわる世界ではありません。
何年も看過されてもじっと目利きを待っている、
そんな生地との出会いが長い付き合いにつながりそうでこれから楽しみです』
b0081010_19543975.jpg

(↑以上A様のコメントでした)

お気に入りの生地との出会い本当に嬉しく思います。

クローゼットから昔着ていた服を取り出したときに
その頃のあった出来事がその服と一緒に思い出されることってありますよね。
着てからだけの思い出でなく、仕立てる前の生地から出会いと物語があるなんて

オーダースーツって奥が深く、楽しみも深いなあと、私共も嬉しく思いました。
A様ありがとうございました。
by bisyuya | 2008-11-09 20:16 | ◆お仕立 men's&ladies

お客様

今回は鎌倉小町通りでカフェをされているC様にご登場頂きました。

撮影のご協力有難う御座います。

いつも着こなしが素敵なので今回の写真も上から下まで尾洲屋の商品です!!

と言いたいくらいですが、、すみません勝手な妄想です。

以前ご縁があって着用されているベストをお仕立下さいました。
b0081010_1844206.jpg

衿付きのベストは単品でコーディネートに入れても存在感ありますね。

んーー参考になります(^~^)d
by bisyuya | 2008-11-07 18:44 | ◆お仕立 men's&ladies

お客様紹介です。

撮影にいつもご協力いただいているI様ありがとう御座います。

誠に勝手ながら尾洲屋の専属モデルだと私思ってます(^ー^)
d0130949_19173025.jpg

お仕立頂いたのは泣く子も黙る、黙らせる!英国ハリスツイードです。

重厚でザックリ、抜群の存在感があります。

デザインもコートと言うよりはロングジャケット、I様こだわりのバランスになっています。

無駄を省いたすっきりとしたスタンドカラーで生地の雰囲気が引き立ってますね。

また英国にはこの生地のクオリティ、商標を管理する為ハリスツイード協会なるものがあります。

合格した物には英国王室許可のオーブマークが入った↓これ
d0130949_19153270.jpg

シリアルナンバー入りのブランドネームが付きます。

こうして一世紀以上の歴史を守ってきた訳ですね!

普通じゃないのに安心して着られる...

まさに次の世代までヨロシクな一着(言い過ぎたか、、、)
d0130949_1918995.jpg

喜んで頂けたようです(^ー^)
by bisyuya | 2008-11-07 17:35 | ◆お仕立 men's&ladies