尾洲屋羅紗店|広島・呉のオーダースーツ、洋服のリフォームショップ


by bisyuya
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

スーツのお仕立

日頃よりお世話になっていますA様より当店お仕立のスーツのご感想を頂きました。
ブログの紹介もOK!というかそれを前提の文章になっていますので
ご好意に甘えて今回もそのまま載させて頂きます。 で  は  


これ以下A様コメントです

うーん、また出会ってしまいました。素晴らしい生地に。テーラード服好きのみなさんに、
そしてそうでない人達にもこの喜びをわかってもらえるといいのですけど。

“09年わたしの生地選びの旅” はまず「春だけ着られればいいスーツ」をテーマに相談に来ました。
現在春・夏物というとどうしても盛夏を乗り切る薄っぺらい生地偏重の傾向にあると思います。
季節の変わり目である春には、冬物のような質感はなくともどっしりとした生地の方が
どこに行っても恥ずかしくない安心感がありますよね。

見せてもらった生地の中でひときわ目を引いたのは25年前の アクアスキュータム のものでした。
一見シャンパンのような色で生地を手に取り動かしてみると、光沢も相まって深みをもった色に変わり
うねりのある表情を見せてくれます。
これがバラシャという素材らしいのですが、斜めに入る細かい畝とモヘアの光る横糸が
この独特の深みのあるうねりを見せてくれるのでしょうか。

なぜか時代劇で見る小粋な親分のまとう羽織の雰囲気をもっていて、裏側は表と違ってさらに濃い
風呂敷の色に見える、ダブルフェイスになっているのもおしゃれです。
うちに帰ってからも何となく忘れられなくなり、もう一度見に来てこれに決定しました。

出来上がってみて、よく言う英国生地の「はりとコシ」を身をもって体験しました。
とにかく堅くて冬瓜のようなえぐい触感です。またそれが魅力です。
b0081010_17381645.jpg

生地の時には厚そうでしたが、着てみて思った程の厚みは無く軽いのでまた驚きました。
背広は肩で着ると聞いた事があるのですが、今回は胸で着ている印象を持ちました。
それで重みを感じないのか。これもこちらで使っている工房の技術の賜物と思います。
2つボタンにチェンジポケットは不安でしたがバランスのよさでクリア。
ラペルもこれまでと比べちょっぴり太めで、正統派ブリティッシュ・モデルの完成です。

このスーツを身に付けると25年前の流行、スーツを求めた購買層、当時の気候にも
思いをめぐらす事が出来ます。

ご主人によると昔は生地も季節で5つに分かれていたそうです。
まるでタイム・スリップしてきたようなスーツとこれから長く付き合っていきたいです。
今回トレンドになっている生地ブランドや新着生地にこだわらなかったので、
この生地にたどり着く事ができました。
もちろん小さな布切れでは良さが分からなかったでしょうね。
そういう見方をするとこちらの羅紗屋さんは宝庫ですよ。
b0081010_1739387.jpg

b0081010_17391855.jpg

コメントはここまでです。

尾洲屋は元々が生地屋という事もあり、生地については特別な思いがあります。
コメントを読ませて頂き、勝手ながらもその思いが仕立てた服を通して感じてもらえる喜びは
この上ありません!

またこのような形でご紹介させて頂き、そのお心にいつも感謝しております。有難う御座いました。
ブログもお店共々どうぞ宜しくお願い致します。
by bisyuya | 2009-05-22 18:43 | ◆お仕立 men's&ladies

夏でも長袖。これなら

昨年よりご好評頂き当店でも一押しのシャツ生地となりました、

スイス・アルモ社のボイル生地は今年もご指名頂いております。

繊細かつ柔らかな気持ちよさは触れてみて頂かないことには伝えきれないところです。

是非店頭にて”アルモの生地、、、”と聞いてみてください。
b0081010_1644126.jpg

↓肩、袖口はギャザー仕様
b0081010_16441732.jpg

↓小ぶりなナローラペル
b0081010_1644287.jpg

写真はお客様お仕立のものです。

今回のお仕立では素材の柔らかさを存分に生かしたディティール、

エリ、袖口のクレリック使いが利いていますね。

他に無いオーダーならではの一着をお探しの方、一度お試し下さいませ。
by bisyuya | 2009-05-17 16:36 | ◆お仕立 men's&ladies

輝き戻る!!

ここ最近

呉の空模様はすっきりしない日が続いています。

来週もこんな感じ、風邪っ引きだけにはなりたくないです

薄着はまだ早いようですね。

数日前、梅雨に入る前にと思い店内オーダーシューズサンプルの靴磨きをしました。
b0081010_11555530.jpg

普段履くわけではありませんが、やはり自然の素材なので輝きは失われるわけで、、、

たまにこうやってホコリ落としと栄養補給、艶出しをしてやります。

梅雨と言えばここ最近靴をお薦めした中で、特に雨を気にされているというお客様には下の写真のような

仕様をお薦めいたしました。

グッドイヤー製法で靴を作り上げる際に”ウェルト”と呼ばれるテープ状の革に

L字型(スリット)の物を用います。標準では上の写真のような平らなものですが、これを用いることで

この部分からの雨の進入をできるだけ食い止めてくれると言う塩梅です。
b0081010_11591755.jpg

他に靴底をラバーソールにしたり、使用する靴クリーム等について工夫がいりますね。

特に革靴にとっては神経質にならざるを得ない季節です、是非いたわってあげて下さい。
by bisyuya | 2009-05-17 11:28 | ◆オーダーシューズ

進行中のコト

当店の商品ラインナップや思いを伝えるべく、ちょっとした小冊子を製作中です。

撮影は呉の某所にて行いました、専用のスタジオではありませんが

自然光で綺麗な色彩の写真が撮れました。やっぱり電気のライトとは違うと実感!

バーンと大きな印刷物ではありませんが、中身はギュッと凝縮して尾洲屋を知っていただく

小さなツールになればという思いです。撮影風景↓
b0081010_1794773.jpg

そんな中からワンカット、撮影ついでに商品紹介しちゃいます。
b0081010_17275693.jpg

軽さとカチッとしすぎない柔らかなシルエットがこれからの季節におすすめな

単衣仕立て(アンコン)のジャケットです。(サンプルはレディス)
b0081010_17105496.jpg

b0081010_1711570.jpg

肩パットが無く、裏地の無い単衣仕立てですがあくまでスーツ、ジャケットですので、

そこら辺も踏まえてのこの作りですね、クールビズとはいえノータイ、ノージャケでは

決まらない時もあると思います。まだの方一度お試し下さいませ
by bisyuya | 2009-05-07 16:46 | ◆お気に入り