尾洲屋羅紗店|広島・呉のオーダースーツ、洋服のリフォームショップ


by bisyuya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

当店が面しているれんがどおりの“土曜夜市”は明日が2週目の開催です。

先週の24日(土)に続き、今週31日(土)と来週の8/7日(土)の全三回、

れんがどおりは夏祭りで盛り上がっております。
b0081010_19433693.jpg

出店などはもちろん、明日はジャズライブなどもあるようです。

夜市とは別に明日の20-21時は呉海上花火大会が開催です。

海上自衛隊護衛艦のイルミネーションをバックに打ち上げられる花火は呉の風物詩ですね。


明日は夏のれんがどおりを楽しみたいと思います。

お近くの際は、是非当店にもお立ち寄り下さいませ。
by bisyuya | 2010-07-30 19:44

フォーマル遊び

第一印象はタキシードジャケット、でもよく見るとそのジャケットに込められた
拘りを見取る事が出来ます。
b0081010_1624511.jpg

古典的なタキシードジャケットと言えばショールカラー、拝絹(光沢生地)生地を用いた衿、
くるみ釦、フラップ無しの腰ポケット、ノーベンツ
また、スラックスで言えば側章、裾シングルなどの特徴が言えます。

かつてはピーコック革命による紳士服地における色の刷新やファンシータキシードの台頭で
様々な色、素材が用いられ目新しさ話題を振りまいた事もありました。

今のフォーマルはと言えばやはり基本を押さえて落ち着きを持たせつつ、
時と場合、その日の心意気によってはオリジナリティを持たせた着こなしもチャレンジ
出来るようにお薦めしたいなと考えております。

とは言っても今回お仕立したタキシードはジャケットのみなので、
ボトムにはスラックスでもカジュアルでもご自由に楽しんでくださいと言ったところです。
礼節をを重んじるフォーマルも大事、しかしそのようなシチュエーションでなければ
楽しく着ないと損だと思います。是非お楽しみ下さい。

b0081010_1631262.jpg

■ドット柄の拝絹。
服地にはDOMEUILのCEREBRATIONより大胆な幅広のストライプ。
b0081010_1635025.jpg

■ドレスアイテムには度々登場するペイズリー柄はお堅いスーツの印象を柔らかくしてくれますね。
by bisyuya | 2010-07-19 13:01 | ◆お仕立 men's&ladies
ご来店頂いたお客様とこんなストリートスナップの写真集をパラパラしながらお話に花が咲きます。

■SARTORIALIST(サルトリアリスト)/scott shuman
b0081010_1845760.jpg

ニューヨークを拠点にしたフォトグラファーが自身のブログを

一冊にまとめたストリートスナップ集です。

スコット・シューマンさんの被写体になる人々はみんな着る事を楽しんでいる人達。

ファッションは若い人だけの物では無いのは言うまでもありませんが

紳士淑女、知性ある大人の着こなしの素晴らしさに改めて気づかせてくれる素敵な一冊です。

、、、なので尾洲屋にも一冊置いてあります。


日々更新されるブログで最近の写真もチェックしてみてください。

→→→ブログ The Sartorialist 
by bisyuya | 2010-07-04 17:20 | ◆お気に入り
雑誌などでも取り上げられ、興味のあるお客様には既にご存知かと思いますが、
当店でもお取り扱いの服地“ErmenejildoZegna(エルメネジルド・ゼニア)”にとって
今年は100周年という節目の年であります。
既にプレタ部門では100周年を記念して限定のウォッチ、万年筆、カフス、ファブリックなどが
発表されていますが限定100個!?のシリアルナンバー入りという事で売り切れ必至は間違いないようです。

当店は服地が主ですので、プレタとは違う内容になりますが、
今年の秋冬モノの入荷には微力ながら盛り上げていきたいと考えております。
どうぞ御期待下さいませ。

今年の春夏には同ブランドの新作生地となる“COOL EFFECT(クールエフェクト)”が発表、
雑誌による反響もありゼニアの存在感を大いに示した年であります。
スタイル、品格を有するブランドが新しい生地の開発にも積極的な姿はトップブランドとしての
勇ましさを感じます。
b0081010_21442790.jpg

“ローマは一日にしてならず”毛織物工場として始まった同社の歴史が現在世界有数の
メンズトータル・ラグジュアリーブランドにまで至った歩みは並大抵ではありませんね。

“ファブリック、イノベーション、品格、スタイルへの情熱”へのこだわり、
企業としては創業者の理念を引き継ぎ環境問題などに積極的に取り組んでいます。
知れば知るほど奥の深いブランドです。100年続く企業ですから当然かもしれませんね。

記念すべきこの年に当店でもその魅力をしっかりお伝えしていければと思っています。
b0081010_2154435.jpg

by bisyuya | 2010-07-01 16:23 | ◆商品紹介