尾洲屋羅紗店|広島・呉のオーダースーツ、洋服のリフォームショップ


by bisyuya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2012年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

スーツとのお付き合い。

いつもスタイリッシュにスーツを着こなされているお客様とお話していると、簡単に言い表せられない違いを感じる事が度々あります。 その場では 「お洒落ですね~」 という月並みな言葉に尽きてしまうのですが、それが何か?その探求心・好奇心のままに 「ズバリ!スーツへの拘り、思いを聞かせて下さい」 と私のストレートな質問にも色々とお話を聞かせて頂いたI様、まことにありがとう御座います。

スーツの着こなしをこれから自分なりに進化させたいと考えている方達にも知って頂きたい。という私の思いも汲んで頂きご自分が実践されている事例なども聞かせて頂きました。以下I様のお話。 


“洒落点描”

『スーツや靴など洒落たアイテムを身に着けた時、気分は高揚、背筋も自然と伸び姿勢が良くなります。自分自身に自信が湧き身のこなしもはつらつと街を闊歩、積極的に他人と接遇出来るようになります。オーダースーツは自己主張アイテムのひとつです。 初対面の人に信頼を得る無言の名刺です。

しかし重要なのは“いい物”を手に入れた後の心構えでは?それらを“ただ身に着けているだけ”ではオーダー効果は半減でしょう。 オーダーアイテムをより輝かせる努力が必要です。 …と言う訳で、幾つかのアイデアを紹介します。


◆日常及び着後のケア
◆コーディネート (靴とベルトの取り合わせ、そして全体的バランス)
◆日中の着衣時の努力も必要です。
 /乗り物の車内ではシートに腰掛けない
 /着席する場合には…コートやジャケットは脱ぐ
 /ショルダーバックは使用しない
 /各アイテムの使用後は一週間程度の休憩を与える。

その他にも、多くの洒落者達は目に見えない努力を数多く実践している事でしょう。 』 以上


古くからスーツがビジネスシーンで確固たる地位を確立しているのは、歴史の積み重ねに拠る所だと思います。様々なご意見があると思いますが、そのスーツとの付き合い方もしっかりと受け継ぎ、着こなしの楽しみ、正しい取り扱いがある事を私自身学び、伝えていければと思います。


b0081010_21162328.jpg
b0081010_21161929.jpg

2012秋・鎌倉受注会にて


HP:www.bisyuya.com|TEL:0823-21-2671|Mail:bishuuya@poplar.ocn.ne.jp|尾洲屋羅紗店
by bisyuya | 2012-11-28 18:31 | ◆お気に入り
当ブログをご愛読頂いている方には既にお馴染みではないでしょうか。お客様より嬉しいコメントを頂きました。ご許可の上掲載させて頂いております。皆様ぜひご一読下さいませ。


以下、頂いたコメントになります。
]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]


なんとなく昨年から高級生地業界が活気づいているように思えますが、違うのでしょうか。この秋・冬物も尾洲屋さんではハッとするようなものがたくさん入荷して目移りするほどで、ぜひ話題のマーチャント推薦の新作生地をためしてみたかったのですが、そのなかに復刻モノ、スポーテックス・ビンテージ*1)が入っていました。一年前その評判とブランド・ネームにまず魅かれてスーツをつくりましたが、その名に違わぬ逸品だとわかりました。都会的洗練とは無縁の厚みのあるもっさりとした生地、伝統の柄と言えるのか今時見ることのないまさに世に媚びないデザイン、軽量ツイードでありながら通気性ももつ、適度に張りをもち上品さを醸し出す、しかも長い期間着ることができるという特徴が自分の嗜好に合いました。

 柄は薄いオーバー・ペインの入った濃いグレン・チェックと茶系ハウンド・トゥース(以下HT)の2着分。ありきたりな柄ですが、現物を見るとこれがいい。何とも表現しがたい落ち着いた雰囲気があります。いろいろ着てみると誰しもこういう境地に落ち着くのだろうかと考えさせられました。2年続けてスポーテックスというのもこれだけ選択肢があるのにもったいない、いや復刻ビンテージこそ昔の製法の生地を味わえる稀なチャンスなので見逃せないと悩みましたが、ちょうど将来HTのジャケットをつくる計画があったので、それにかこつけてHTの方を選びました。おかげでドーメルのICEもスキャバルのジャケットもゼニアのトロフェオもロロもみーんな今期はあきらめることになりました。

 これまでこんなシンプルな茶系色は持ってなかったので、黒の靴とベルトには合わないと思い多少の抵抗もあったのですが、それはそれでとにかくいろんな茶色のバリエーションと素材でコーディネイトを楽しもうと考えを変えました。いや黒も合わせられますと横から声が聞こえても、もうこれは徹底的に茶で統一するんです、と意思表明しておきます。タマ(柄の一片)も大きくてこれは合わせるシャツとタイにも気を使うなあと思うとかえって困難にチャレンジしてみたくなりました。

尾洲屋さんにお世話になって10周年という節目でもあり、ウエイスト・コートを入れスリー・ピースにして、仕立てをワン・ランク上の 「クラシコ」 にしてみました。よく仕立てのよさを表す 「身体に吸い付くような」 感覚が確かにあり、ツイードをやわらかく軽く感じるのもより身体にフィットしているからなのでしょう。

袖を通してみて濃紺やグレイと違い、伝統柄とはいえ茶のマイクロ・チェックでスーツですから僕から見るとかなり派手です。職場での反応は予想に反してナシ。会議にも出ましたが誰も何も言ってくれません。帰る途中寄ったホーム・センターでやはりマニアの思い込みだったかとうなだれてレジに並んでいるといつもの店員さんが一瞬ギョッとしたような顔でこちらを見たのでした。明らかにニュー・スーツに対するリアクションでしたね。 「やった!」 レジを抜けてなんとなくうれしくなりました。

その日の赤いネクタイでも胸にさした対照色のポケット・チーフのせいでもない。そう思わないことにはハッピーにしめくくれませんよね。いいですよ、これ。ちょっと差がつきます。
b0081010_140384.jpg

以上、頂いたコメントになります。

*1スポーテックス・ヴィンテージ:フランスの老舗マーチャント・ドーメル社が1927年に発表した快適性と耐久性の高い服地。

]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]


経験してこそ語れるお言葉、感想だと思います。当店ともお付き合いさせて頂き10周年!ご愛顧に心より感謝です。お仕立服、注文服を表す言葉に “BESPOKE(ビスポーク)”という言葉があります。BE-SPOKEN つまりは “お客様とお話し” 作り上げる服を意味します。お客様のご希望を聞いてコミニケーションを重ね、こちらからお薦めするだけでなくお客様より教わることも沢山あります。今後とも更なる理想と楽しみを求めて参りましょう!


HP:www.bisyuya.com|TEL:0823-21-2671|Mail:bishuuya@poplar.ocn.ne.jp|尾洲屋羅紗店
by bisyuya | 2012-11-15 15:00 | ◆お仕立 men's&ladies